特徴・長所

IUDと略される避妊リングは2センチ程度の小さな器具(プラスチックまたは銅製)を子宮の中に設置することで、子宮腔内で受精卵の着床を防ぐ避妊具です。

パートナーの協力は必要ないのであなた自身の意志で使用することができますが、婦人科を受診し医師による挿入が原則となっています。IUD挿入の際は麻酔をしません。子宮がん検査と同程度の軽い痛みで済み、短時間で装着は完了します。ただし、挿入後少々出血がみられる場合もあります。

IUDには「長期間使用可」・「行為の前準備不要」・「日常のメンテナンス不要」・「使用感がない」など複数の利点があります。避妊効果は99%と永久避妊手術やピルに次いで高い数値が得られています。取り外すことですぐに妊娠も可能な非常に便利な避妊方法です。

ここで「ミレーナ」というリングをご紹介します。ミレーナはピルと同成分である黄体ホルモン剤レボノルゲストレルを使用しています。この成分によって従来の銅を使用したリングでの避妊率90%程度から99.9%まで避妊率を高める事が可能になりました。ミレーナは、エストロゲン(ステロイドのホルモン剤)が含まれていない避妊具を希望する人にも向いています。

短所・副作用・失敗例

IUDには婦人科を受診しなければならない煩わしさと、金銭的な面での負担(※初期費用)が短所として挙げられます。また個人差はありますが月経量が増え月経期間が長くなる場合もあります。その他、ごく稀な例として子宮外妊娠をしてしまう可能性があります。

月経量が元々多い方の中には、リングが脱落してしまうケースもあるようです。IUD装着の1ヶ月後には、状態に異常がないかの確認のため、再度婦人科を受診する必要があります。確実な避妊の為にも医師の指示に従って使用してください。

また、性感染症を予防する効果はありませんので、性感染症予防をお考えの場合はコンドームの併用をお薦めします。

なお、以下に当てはまる方は避妊リングを使用することができません。
1.お産を経験していない人
2.月経時の出血が多い人
3.子宮や卵巣に悪性の腫瘍があると疑われている人
4.月経以外にも出血がある等、子宮に何らかの異常があると思われる人
5.妊娠中の人
6.子宮の形に異常が認められる人

実際に使用した方の体験談

Aさん(32歳)

夫がコンドームを嫌がるので3人目を出産後の2年前に避妊リングを装着しました。装着時の痛みはほとんどありませんでした。次の生理時に再度診察を受けましたが異常なく今まで使い続けています。性交の間も全く付けていることを忘れてしまうくらい違和感はありません。痛みや腹痛があると聞いていましたが、私の場合は体質に合っていたのか全くそのような事もありません。今後も使い続けていきたいと思っています。

Bさん(45歳)

5年ほど前、夫と相談して避妊することにしました。昔子供を出産した病院へ行き、避妊について助産師さんの意見を聞き避妊リングを入れる事に決めました。その場ですぐにお医者さんが処置をしてくださいました。時間にしたら3分くらいだったでしょうか?生理が終わって間もなかったというタイミングも良かったらしく、その場ですぐ終わって大変ラッキーでした。費用は全部で3万円くらいでした。処置後の経過も良く、年に1度の子宮がん検診の時に一緒に避妊リングの経過も診ていただいています。

値段・費用

IUDは保険適用外になります。費用は病院やクリニックによりますが、処置料込みで3~5万円前後の価格が一般的です。また、リングを抜去する際は1万円程度の費用がかかります。

IUDの使用可能期間は装着から2~5年(※種類によって年数は異なります)ですので、かかりつけの医師とよく相談した上で交換してください。交換時期を過ぎるとIUDが子宮膜内に潜ってしまい避妊効果が期待できなくなります。


フェミドーム | 避妊フィルム | 避妊パッチ | 避妊リング(IUD) | ペッサリー | 避妊具の選び方